スポンサーリンク

リンパマッサージとは

リンパマッサージのまとめ

最近毎日どこかしらで耳にするリンパという言葉。そもそもこのリンパって何か、みなさんはご存知ですか?

 

ざっくり言うと「血管は上水道、リンパ管は下水道」で、リンパとは、リンパ管を流れる透明な淡い黄色の液体を指します。

 

血液は、心臓という「ポンプ」が拍動することによって、血管の中をぐるぐると流れていきます。

 

そうやって体内の各臓器に運ばれた血液は、必要な酸素や栄養を提供しているわけです。

 

一方のリンパ管も血管同様体中に張り巡らされています。

 

リンパ液は、体内の疲労物質や、死んだ細胞、細菌やウィルスなど、不要になった物質を体の外へ排出する役目を担っています。

 

下水道が詰まると、たまった汚水が流れなくなり、ひどい臭いが発生したりして、困ったことになりますよね。

 

リンパの流れが滞るとどうなるの?

リンパマッサージのまとめ
リンパの流れが滞ると、体内でも同じようなことが起きるのです。

 

健康維持にはスムーズな血流が大切、というのは多分誰でも知っていることでしょう。でもそれと同じぐらい、スムーズなリンパ液の流れも健康のためには大切なんです。

 

ところで、血液にはそれを動かすポンプの役目を果たす「心臓」があると先に説明しました。では、リンパ管にもポンプはあるのでしょうか?

 

答えはノーです。

 

リンパ管には体の各所にリンパ節というリンパ液の「中継所」があります。が、心臓のように絶えずリンパ液を体内に流してくれる臓器はありません。

 

ですから長時間立ちっぱなしでいると、リンパ液が下半身に滞留し、その結果、脚(特に膝から下)がパンパンに張ってしまうのです。

 

このように、ポンプがないリンパ液をスムーズに動かすには、皮膚の上から刺激(マッサージ)を与えてやる必要があります。

 

そしてそれがリンパマッサージと呼ばれる手技なのです。

スポンサーリンク